マンションリフォームをするときにできることとできないこと

一戸建て住宅とは違う点は何か

マンションをリフォームするきっかけはいろいろありますが、どのような場面であっても一定の制限があることを忘れてはいけません。マンションは一戸建て住宅の違い、共有部分と占有部分があります。当然自分たちが占有している部分は手を加えることが可能になりますが、共有部分についてはマンションの管理組合に許可を得なければ手を加えることができません。また、管理組合に連絡を取らなくとも、利用規約にその制限が書かれている場合、制限の部分についてはリフォームすることができません。ではどこまでが通常占有部分と言えるでしょうか。占有部分は、通常コンクリート躯体の内側になります。つまり、部屋の中はどのようにリフォームをしても自由です。例えば部屋を1つ増やしても問題ありません。

バルコニーとサッシは気をつける

コンクリート躯体の内側をリフォームすることができるといっても、少しわかりにくい部分もあります。それがバルコニーとサッシになります。バルコニーやベランダは通常マンションについていますが、これをリフォームすることはできません。例えばバルコニーに専用の物置を加工したりすることは不可能になります。ただし、取り外しが可能なものであれば問題ありません。例えば、バルコニーと部屋の段差が気になるので、バルコニーを少し高くするために、タイルを敷く事は問題ありません。サッシは、コンクリート躯体の外側ですので、勝手に手を加える事はできません。ただし、内側にもう1枚窓をつけたりすることは可能です。

マンションリフォームを千葉ですることができます。リフォームのデザインを自分で考えることができる場合もあります。