入居時に確認を忘れがちな暖房設備を確認しよう!

化石燃料を使った暖房器具使用は禁止されやすい

賃貸物件を借りる時に、契約書に化石燃料を使った暖房器具使用禁止が明記されていることが少なくありません。なぜなら、化石燃料を使ったストーブやファンヒーターは、暖房能力の高さがウリですが注意するポイントが2つ存在します。

1つ目は、事故がエアコンよりも格段に起きやすい点です。灯油を燃やす段階で火を使うので、誤作動やうっかり目を離した隙に失火を起こしやすく、換気が不十分な場合には一酸化炭素中毒の危険性があります。

2つ目は、高い暖房能力により結露が発生しやすくなる点が挙げられます。一気に加熱出来るメリットがありますが、空気が乾燥しないように加湿器と併用するケースが多く、壁や天井に結露が発生するとカビによる腐食が懸念されるからです。

備え付けの暖房設備は動作確認が必要です

備え付けの暖房設備として、エアコンが設置されているケースが多いですが、入居直後に最初から故障していたことに気が付くことが珍しくありません。管理会社に対して、入居前に動作確認を依頼しておくと良いでしょう。対応してもらえない管理会社がある場合には、オーナーへ速やかに連絡して、管理会社に仕事をするように依頼を掛けることも可能です。

入居後に設備交換手配をすると、日数が掛かってしまうことと、修理対応や交換が行われる迄の間は不便を強いられることになります。暖房設備として提供されている以上は、不具合が発生した時点でオーナー負担で対応を行なう必要があるわけです。しかし、管理会社がしっかりしていないと、無用な負担を強いられることがあるので要注意です。

旭川の賃貸では、コンパクトな間取りに加えてコンビニが近いなどの特徴を持った物件が多く存在し、一人暮らしに最適です。