自分らしい生活を手に入れる、初めての賃貸

北の大地北海道、室蘭で新生活を始める

進学、就職、異動など、様々な事情で引っ越しが多くなる春。実家を出て初めてひとり暮らしを始める人も多いのではないでしょうか。映画やドラマで観た、憧れの芸能人がお洒落な部屋、インテリアで暮らしている様子をみて、ひとり暮らしに密かに憧れていた人にとっては、夢見ていた時です。しかし、現実はなかなか大変。ひとり暮らしを始める前に、経験者の話を聞いて予備知識を増やしておいた方がいいでしょう。

北海道、室蘭は、洞爺湖にも近く、また国立室蘭工業大学もあるなど、自然豊かで人気の観光地です。札幌のような都心に比べるとだいぶ家賃も抑えることができますし、海に近いので常に海の幸を堪能する事が出来ます。

地元の不動産屋さんに行きましょう

まず、自分が室蘭のどの地域、沿線で暮らしたいかを決めましょう。学校、職場、実家に近い等、利便性で選ぶのが一番ですが、駅から遠すぎると、治安の面でも不安になるといった問題が出てきます。特に女性のひとり暮らしは、安全性を考える上でも駅から自宅までの通り道にも留意しておいた方が良いでしょう。バランスをうまく考えつつ、住みたい地域が決まったら、その地元の不動産屋さんを訪ねましょう。地元で長年営業している不動産屋さんは地元の特徴も熟知しており、安心して相談できます。

お部屋が決まってから

契約、入居が済んだら、ひとり暮らしの一番の楽しみである家具、家電のお買い物。家具はじっくりと吟味して、まずはトイレットペーパーやカーテンを揃えましょう。家電は三種の神器と言われる、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジを押さえておきましょう。

登別の賃貸は注目度がアップしています。なぜなら外国から投資対象として、急激に人気が高まっているからです。