必見!土地活用でマンション経営を考えている人の基礎知識

所有している土地はマンション経営に向いているの?

マンション経営をするにあたっては、所有する土地がマンション経営に向いているかどうかを考慮しなければなりません。なぜなら、いざ経営を始めてから、マンション経営の大きなリスクである空室リスクや家賃の大幅な低下に直面する可能性があるからです。最適な土地は、賃貸相場が高いエリアの土地、地価が高いエリアの土地、駅に近いなど住環境の良いエリアの土地が挙げられます。賃貸相場が高いエリアであれば、収益性が高いのはもちろん、空室リスクも低く、また、節税効果もあります。地価が高いエリアであれば、土地の固定資産税は最大で6分の1になりますし、相続税評価額も2割ほど下がるため、節税効果は非常に高いです。住環境の良いエリアは、空室リスクの低さ、収益性、節税効果のすべてにおいてバランスのとれた経営が可能といえるでしょう。

マンション収入はどのように考えればいいの?

収入を考える場合、ただ入ってきた家賃を収入として考えるのではなく、収益(家賃)、経費、課税額となる所得、将来を見据えたキャッシュフローをきちんと把握しておくことが大切です。まず、収益は、家賃以外に礼金、駐車場料金、返還する必要のない敷金や保証金などです。経費は、メンテナンス費、建物や設備の修繕費、管理を不動産業者に委託している場合は管理費、減価償却費などです。所得は、収益から経費を差し引いた額で、この額に対して課税されることとなります。最後にキャッシュフローで、単純には収益と支出の差額をいいます。建物は経年劣化していくため、将来的には修繕費がかさんできたり、家賃の下落も考えられますので、これらを考慮して収支計画を立てることが重要です。

マンション経営では、マンションの一室を購入して賃貸に出すことによって家賃収入を得ます。マンション自体が資産として残り、修繕費などの費用がかかりますが、家賃収入により高い利回りになる場合もあります。