住宅ローンが払えない!競売よりは任意売却?

住宅ローンが払えなくなったら競売に?

住宅の購入には多額の費用がかかります。大抵の人は住宅ローンを組み長い時間をかけて支払っていくことになります。しかし人生の長い時間にどんな不測の事態が起こるかわかりません。病気やリストラ、会社の倒産などによって収入が無くなるとローンを支払うことが難しくなります。住宅ローンが支払えなくなった場合、自宅を売却しなければならなくなる事があります。しかし不動産は経年によって資産価値が下がるのが通例です。売却しても住宅ローンが残ってしまった場合には、差額を一括返済しなければならず、預貯金を取り崩すしかなくなります。しかしお金が無ければ住宅の債権者である金融機関は裁判所を通して住宅を競売にかけ、お金を取り戻そうとします。競売にかけられた住宅は買い叩かれ二束三文にしかならないことも良くあります。社会的信用も無くし近所にも知られるため、非常に精神的に辛い状況に追い込まれます。

任意売却なら市場相場に近い価格で売却できる?

競売を避けたいなら任意売却という方法があります。任意売却は、専門業者が金融機関との間に入り折衝を行ったうえで売却してくれる方法です。自分で支払う費用が発生せず近所にも知られないメリットがあります。場合によっては引っ越し費用程度は捻出できる可能性もあります。しかし住宅ローンに連帯保証人が付いてる場合には、その合意を得ることが前提となります。また売却金を差し引いたローンの残金の大きさによっては金融機関との交渉がとん挫することもあります。任意売却業者には一握りとはいえ悪徳業者も存在しています。任意売却を進める手続き上の必要から、住宅ローンを一定期間滞納する必要があるため、ブラックリスト入りすることにも注意が必要です。

任意売却とは、住宅ローンの支払いが滞った時にローン残高が残っていても自宅を売却できる手続きです。融資を受けた金融機関の合意を得る必要があります。