仲介手数料は減らせる?賃貸初期費用の減らし方のコツ

賃貸初期費用で着目すべき仲介手数料

賃貸物件を借りるときには様々な初期費用がかかりますが、仲介手数料は減らせる可能性が高いので最初からよく考えておく必要があります。一昔前には家賃一ヶ月分を払わなければならない状況がありました。しかし、法律上では借り主と貸し主が半分ずつ合計で家賃一ヶ月分を払うのを上限としているのが実情であり、必要があれば借り主と貸し主の払う金額のバランスを変えても構わないという形になっています。そのため、公正な取引をするのであれば家賃の半月分を支払うのが妥当でしょう。また、あくまで定められているのは上限額なので、それよりも少なくても構いません。このことを知っていると仲介手数料を減らせる可能性が生まれます。

仲介手数料を減らす二つの方法

仲介手数料を減らすためには大まかに分けると二つの方法があります。一つは賃貸物件探しをする時点で初期費用として仲介手数料は必要ないと明示している不動産会社を利用する方法です。顧客獲得のために仲介手数料を無料としている不動産会社もあるので、それを最初から選んでおけば良いでしょう。もう一つの方法は交渉によって下げる方法であり、特にまだ家賃一ヶ月分を申し受けている不動産会社であれば半月分まで減らすことは難しくありません。それ以下にしようとなると交渉が難しくなりがちですが、貸し手側が一ヶ月分の仲介手数料を払うと言えば問題ないでしょう。空室が続いてしまっている物件ではこのような交渉も成立しやすくなるので話を切り出してみるのが大切です。

札幌市の白石区にある地下鉄菊水駅は、東西線が乗り入れている駅です。駅周辺は市街地となっており住宅地も多くあります。そのため、菊水の賃貸マンションは住環境が良いことでも知られています。