定期借家契約は危険!?普通借家契約を選ばないと2年後に転居が必須になる

不動産屋で定期借家契約を勧められたら断りましょう

一般的な賃貸借契約を結ぶ際には、普通借家契約という形で行います。しかし、不動産屋で定期借家契約を勧められることがあれば、周辺家賃相場の半額で借りられるといった特殊な事情がない限り断りましょう。なぜなら、定期借家契約は大家にとって有利な契約内容となるので、借地借家法で保障された賃借権が大幅に制限された入居者にとって不利な契約となるからです。普通借家契約を結ぶと一度入居した後で大家は余程の事情が無い限り入居者を追い出すことが出来ません。しかし、定期借家契約ならば、原則として契約更新という考え方が無く、双方が合意した場合のみ再契約が可能という規定があるのみです。大家としては、契約期間満了を待てば再契約する義務は無いので、入居者に出ていってもらうことが簡単に出来ます。

次に住む場所が決まっているなら定期借家契約も可能

定期借家契約を利用しても良いケースは、余程家賃が安いといった特別な理由や、次に住む場所が決まっているために一時的な仮住まいといった事情の場合に限られます。普通借家契約とは異なり、あくまでも契約期間のみ部屋を借りられる契約であって、契約期間満了時には原則として退去が契約上義務付けられているからです。居住権についても定期借家契約では、契約期間満了に伴い主張出来なくなるので、いかに不利な契約か分かるでしょう。不動産屋で紹介される定期借家契約の契約期間が2年間ではなく、10年間といった長期間が提案されることは少ないですが、長期間契約を前提として途中解約違約金無しという条件ならば応じても良いでしょう。

江別市の賃貸物件を契約したいが相場が分からない場合、比較サイトでチェックするとよいでしょう。予算内で物件探しをする時に便利です。